我が家のサンシャイン☆ボーダーコリーの珀(ハク)の成長記録を主に綴ったブログです
プロフィール

ハクママ

Author:ハクママ
静岡の沼津に住むハクのママです

ボーダーコリーに魅せられて
ようやく飼う夢が叶いました♪

趣味はピラティスとタイル絵です

宜しくお願いします☆

ハクのプロフィール

珀(ハク) 2012年6月2日生まれ          ボーダーコリー♂                      笑顔がチャームポイントの ヤンチャ坊主です

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はヤミィさんから知った
ジョージ・グレアム・ベストのスピーチを
シェアさせて頂きたいと思います。

日本では『犬の聖歌』として有名な詩でもあるので
きっとご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、
私は今回初めて知りました。

そして読んで
思わず涙が止まらなくなってしまいました。



少し長文ですが
お時間ある方はお読みください。




ミズーリ州裁判所の門前。
かつてここで犬の不変の愛を語る、
この上なく感動的なスピーチが披露された。
時は19世紀。
スピーチの主はのちに上院議員となる
ジョージ・グレアム・ベストで、
飼い犬を殺した男に対して
200ドルの賠償金を求める訴えを起こした知人のために、
法廷で代理人を務めていた。
ベストが話を締めくくろうとする頃には
陪審員達の心はすでに決まっていた。
評決に要した時間はたったの二分。

(「犬の愛に嘘はない」より一部抜粋)





"Eulogy on the Dog"  犬の聖歌
George Graham Vest  ジョージ・グラハム・ベスト


陪審員の皆さん


この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り、
敵となる事がある。

愛情をかけて育てた我が子も
深い親の愛をすっかり忘れてしまうかもしれない。
あなたが心から信頼してる最も身近な愛する人も
その忠節を翻すかもしれない。

富はいつか失われるかもしれない。
最も必要とする時にあなたの手にあるとは限らない。

130618-1


名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって
瞬時に地に堕ちてしまうこともある。

成功に輝いてるときは、ひざまずいて敬ってくれたものが
失敗の暗雲があなたの頭上をくもらせた途端に 豹変し、
悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない。

こんな利己的な世の中で
決して裏切らない恩知らずでも不誠実でもない
絶対不変の唯一の友はあなたの犬だ。

130618-2


あなたの犬は、
富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も
常にあなたを助ける。

冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も
主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう。

与えるべき食物が何一つなくても、
手を差し伸べれば キスしてくれ
世間の荒波にもまれた傷や痛手を
優しく舐めてくれるだろう。

犬は貧しい民の眠りを、
まるで王子の眠りのごとく守ってくれる。
友が一人残らずあなたを見捨て立ち去っても、
犬は見捨てはしない。
富を失い名誉が地に堕ちても、
犬はあたかも日々天空を旅する
太陽のごとく変わることなくあなたを愛する。

たとえ運命の力で
友も住む家もない地の果てへ追いやられても
忠実な犬は共にある事以外何も望まず、
あなたを危険から守り敵と戦う。

すべての終わりがきて、
死があなたを抱き取り
骸が冷たい土の下に葬られる時
人々が立ち去った墓の傍らには、
前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる。

その目は悲しみにくもりながらも、
油断なく辺りを見まわし
死者に対してさえも、
忠実さと真実に満ちている。




これを読み上げた時、
いつも以上にハクをギュゥ~としてしまいました。
今まで以上に愛おしく思えました。

犬の存在の尊さを
改めて思い知らされた感じです。







そして先日テレビで見た
「ニュース少年探偵団」で
現在犬を飼う世帯が多い傍らで、
犬を簡単に捨ててしまう人が多いという問題を
取り上げていたことを思い出しました。
130610-3

驚くことに
問題行動が治らないからとか
思うとおりに躾けられないから
という理由で捨てる方がほとんどのようです

悲しすぎます。


そんな方たちにこそ
読んでもらいたいなと強く思いました。







今日もありがとうございます
お帰り前にポチっとお願いします
 




では また明日


































スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。